営農情報

野菜の記事

あさつき 圃場準備~植え付けについて

1.圃場の準備

⑴ 栽培適地
 根の分布が浅く、酸素要求量が大きいため排水が良い土壌が適しており、土層の深い河川の沖積地帯や砂質土壌を選定しましょう。

⑵ 圃場の準備
 酸性では生育不良となるので、pH6.0 ~ 6.5に矯正しましょう。

⑶ 基肥施用
  基肥主体とし、植え付け2週間前に全層に混和します。

2.植え付け方法

⑴ 植え付け適期
 適期は、8月中旬頃になります。植え付けが遅れ
ると生育が遅れ、収量が低下するので適期に植え付けて下さい。

⑵ ハウス栽培
 床幅150cm、高さ5cmの平床を作り、4cm×4cmの間隔で種球を床面に刺すように植え付けし、12cm ~ 15cm程度の覆土行います。通路はハウスにより異なりますが、2間半のハウスでは50cm
程度が目安となります。

⑶ 露地栽培
 畝間60cmとし、鍬などで幅20cm、深さ5cm程度の溝を掘ります。その溝に種球を条播きし、種球が重ならない程度の密植をします。種球の上に、12cm ~15cm程度の覆土を行います。
 1回目の追肥は、植え付け後10 ~15日頃の萌芽前に石灰窒素を60㎏/ 10a土壌表面に均一に散布しましょう。
 2回目の追肥は、S646を40㎏/ 10a 1回目の15日~ 20日後を目安に散布しましょう。


春菊 育苗から収穫について

1.品種

なす

2. 圃場の準備

⑴ 圃場の選定
 浅根性であるが、乾燥には弱い為、適度の保水性、排水性のある土壌が良いです。

⑵ 酸性土壌改良
 酸性土壌では生育が悪いので、石灰資材でpH6.0~ 6.5に矯正しましょう。また、カルシウム欠乏(芯が黒くなる)が出やすいので、畑のカルシウム(硫カル)等を10a当り80㎏使用してください。

なす

3.は種

 8時間浸水後、陰干ししてから、は種します。セルトレー(128穴)に培土を入れ、十分かん水しましょう。覆土は薄めにし、乾燥防止の為籾殻や敷きわらを敷きます。発芽後については、表土が乾いてからかん水しましょう。

4. は種後の管理

⑴ 間引き
 込み合っている部分だけ行います。本葉2 ~ 3枚目のときに根から抜かずにハサミで間引きし、1本立ちにしましょう。

⑵ 定 植
 は種後20 ~ 25日を目安に行い、徒長苗はやや深植えします。晴天時に定植すると、しおれて痛みがでやすいので、夕方か曇天時に行いましょう。

⑶ かん水
 乾燥状態を見て午前中に行いましょう。夕方には土壌表面が乾くようにしてください。

⑷ 追 肥
 収穫が始まってから、条間にS646を10㎏施用し、その後10日おきに10㎏ずつ施用しましょう。


ナスの生育中期の栽培管理 誘引・追肥・病害虫防除について

1. 誘引作業

  1. 誘引は、着果を良くし、枝を確保するため実施します。誘引の時期はトンネル栽培では、トンネル上部に葉先が触れる頃、露地栽培では、仮支柱で支えきれなくなった時期とします。
    ※ 早い時期の誘引は、枝の伸びが悪くなり、収量に影響があります。
  2. 本支柱設置
    本支柱は250㎝~320㎝の長さの物を180㎝~270㎝間隔にトンネル支柱を活用しV字に設置し、上部を結び固定して下さい。露地栽培の場合は風等で倒れないように、土中深くしっかり差し込んで下さい。本支柱設置後は30㎝間隔に横テープを張り、枝を誘引して下さい。
  3. 本誘引
    基本的に4本仕立てとし、残す枝は主枝①、1番花の下の枝②、第2花の下の枝③、②の第1花の下の枝④とし、予備枝として1番花の2つ下の枝を残して下さい。(枝が折れたり、伸びが悪い場合の為しばらく伸ばしておき、邪魔になってきたら、着果位置より葉を2枚残して敵芯し収穫と同時に切り戻す。)
  4. スレ果対策
    農薬の飛散の軽減、風による、スレ果を予防するため、ほ場周辺にソルゴーを栽培しましょう。

2.追肥及び潅水について

ナスは肥切れを起こすとなかなか樹勢が回復しませんので、芯の状態を常に観察し、肥切れさせないように努めて下さい。

追肥は1回目2番果の収穫頃に10a当りN(窒素)成分で1.5kg・S646で10kgが目安です。2回目は草勢を見ながら、7~10日置きに実施{10a当りN成分で2~3kg・S646で15kg・クミアイポーラスで10k}して下さい。(降雨の前後が効果大です)

トミー液肥グリーンを潅水時に300~500倍と薄く10a当り1~2kg・1株500~1000cc乾燥土壌の土中灌注も効果大です。

3. 病害虫防除

晴天、乾燥が続くと、ダニ等の発生が予想されますので
予防散布を実施願います。

なす


きゅうり 生育にあわせて管理し増収をはかろう

1. 整枝・誘引

  1. 着果させる場所は、8節以上(地際から40㎝を目安)とします。
  2. 着果節位の下2~3節の側枝は1節で止めます。孫づるの果実は収穫後に根元から摘除する。
  3. 中段の側枝は、2節でピンチします。ただし、主枝のピンチ時には、中段の強い側枝を3本程度残します。
  4. 主枝のピンチは、アーチ合掌中心に20㎝開けます。(天井部に空間をつくる)
  5. 側枝どうしが重ならないように誘引テープ等で適正に配置します。

2. 摘葉・摘果

  1. 古葉や病葉を中心に、株あたり1回2~5枚を限度に風通しや採光を考え摘葉をします。また、混み具合を見ながら収穫の終わった節の葉・側枝の出終わった節の葉・老化葉・黄化葉・側枝の上に重なる葉を摘葉します。
  2. アーチ支柱内側より、外側をしっかりと摘葉を行います。
  3. ほ場の周囲から見渡して、株元の地際から40㎝~50㎝程度をきれいに摘葉し、地面を這う側枝や果実、葉がないようにします。
  4. 奇形果・曲がり果等の規格外になるような果実は、早めに摘果し着果負担を軽減します
  5. 疫病発生・腐敗果を防止する為摘果したきゅうりや葉は、ほ場内に捨てないようにしましょう。

3. かん水・追肥

  1. 収穫開始から7日おきを目安に追肥はN成分で1.5㎏~2㎏を行い、肥切れを起こさないようにします。
  2. 追肥量の目安として、10a当たり収穫量500㎏に対しN成分1~2㎏を行います。
  3. 追肥は遅れないよう芯の状態や葉色、雌花数等を観察しながら生育に合わせて行うが、施肥量が多くなり葉色が濃くなると病害や生理障害を招くので注意しましょう。また、収穫最盛期前に行うこと。収穫が終わってから多くの追肥を行うと、奇形果が多くなります。
  4. 梅雨時期に、明渠等の排水対策を万全にします。

4. 病害虫防除

気象状況の確認・病害の発生状況を観察し予防散布に努めましょう。
使用する農薬は、各グリーンセンター指導担当にご相談下さい。

きゅうり


根みつば(露地トンネル栽培)

1.圃場の準備(施肥例)

完熟堆肥 1t
苦土生石灰 50kg
1ヶ月前に散布し均一に耕転する。(石灰は土壌に合わせ調整する)

IBS1号 80kg
ケイカリン 40kg
は種10日前までに散布し耕転する。(圃場に合わせて量は調整する)

2.は 種

1)必要種子量 3~4ℓ

2)は種幅 20cmの単条  通路 80cm

3)は種後は、覆土を行わずローラーか足で踏み鎮圧

4)わらを薄く敷く(乾燥防止のため)

5)雑草防止(使用に当っては、使用方法を確認すること)
ロロックス、トレファノサイド乳剤をは種直後に散布

3.管 理

1)灌 水: 本葉1枚までは乾燥のひどい場合は適宜灌水する。

2)間引き: 本葉2 ~ 3枚頃に、混みあっているところ、抽だいしている株を間引く。

3)追 肥: 8月上旬に10a当りS646で20kgを条間に追肥する。遅れないように(葉色に合わせて加減する)

4)地上部の整理: 霜にあい葉が枯れてから地上部を整理する。

5)土寄せ:培土の高さは10 ~ 15cm土をかぶせる。

6)保 温: 3月初旬を目安にトンネルをかける。(収穫に合わせて順次トンネルをかける)

4.収 穫

 茎の長さが25cm程度になったら株ごと掘り取り収穫する。


いんげん

~多収のポイント~

  1. 連作はさける。
  2. 排水を良くする。
  3. 完熟堆肥をたくさん投入する。
  4. 深耕(30㎝)根が張れる範囲を広くする。
  5. 酸性に弱いのでPH6.0 ~ 6.5に矯正する。

 

1.は 種

1)必要種子量  2~3ℓ

2)は種・定植(発芽地温 18~25℃)
露地直播:晩霜に注意し5月15日以降
 は種量 1カ所当り  3粒まき
 育苗→ 3寸ポット  育苗期間20~25日、3.5寸ポット 育苗期間25~30日
 は種量 ポット当り  2粒まき
 発芽温度 25~30℃
発芽するまでは極端に乾燥しない限り灌水はしない。

3)栽植密度
畦間 2.8m(2条植え)、株間 55~60cm

 

2.耕起・施肥(10a当り)

完熟堆肥 3t
石灰類 40~100kg
定植、は種1 ヶ前まで施肥し耕起する。

 

ルートファイター 100kg
いんげん・さや専用肥料 160kg
定植、は種2週間前まで施肥し耕起する。

 

※ いんげんの根は、酸素要求量が多く、湿害をうけやすいので、土作り・深耕・排水対策を十分に行う。

 

3.収穫までの管理

1)追肥・培土~生育を見ながら追肥を行う。1回目(開花前)の追肥時に中耕・土寄せする。

2)つる誘引~ネットには無理に曲げない(作業は晴れた日に)

3)葉かき・下枝整理~開花時期になったら初生葉を葉かきし、地際からの細い側枝(2 ~3本)は株元からかき取る。


新地域おこし種まき運動

 原発事故により、出荷の自粛や風評被害に見舞われ、管内の農産物全般にわたり厳しい販売状況が続くことから、昨年度の「新地域おこし種まき運動」を基本に拡充を図り助成策強化を進め、地域の活性化を目指します。

 

目的: 産地の農業振興を強化し、農産物の生産維持拡大を図る。

助成対象者

  1. JAみちのく安達の組合員であり、米の需給調整に取り組んでいる方
  2. 事業費並びに生産販売数量・販売額についてJAで確認できる方
  3. 該当品目の利用はJA全利用を原則とする

助成金の限度額

  1. 25,000,000円の範囲内で助成する
  2. 各助成金(支援金含む)と併せ、1組合員あたりの限度額は別表のとおりとする。
  3. 各種補助金、助成金(県・市村・全農等より)と併せ補助率70%以内とする。
    (生産調整関係助成金は、除く)
  4. 各助成間の調整を認める。

 

「新地域おこし種まき運動」 助成内容(助成率および助成額)

別表

項目 助成内容 助成率・助成額 備考
①新規栽培者助成 新規導入する園芸作物の直接生産費(種苗、肥料、農薬、生産資材)に対する助成 50%以内 10a当り20万円を上限とする。
②増反者助成 増反分種苗及び資材購入代金に対する助成 50%以内 10a当り20万円を上限とする。
③展示圃助成 JAが、試験栽培を委託する栽培者に対する助成 50,000円/10a 定額
④作付け助成 販売高3億円以上の園芸作物及びねぎ作付けに対する助成 3,000円/10a 定額
きゅうりホモプシス根腐れ病対策の農薬購入に対する助成 10%以内  
⑤ 出荷調整機
及びねぎ専用機械
新規品目導入に必要な出荷調整機購入代金に対する助成及びねぎ栽培に使用する定植機・管理機購入代金に対する助成 50%以内(専用機)
30%以内(管理機)
1人当たり
35万円を限度
その他販売主要品目の出荷調整機等購入助成 50%以内(専用機) 1人当たり
35万円を限度
⑥トンネル資材助成 ねぎ、なす、ピーマンの出荷前進・品質向上を目的に導入するトンネル資材(支柱・被覆材等)購入代金に対する助成ピーマンについては、保温性の優れた被覆材(農ビ・POフィルム等)に変更した新規購入代金も対象にする 50%以内 1人当たり
20万円を限度
⑦パイプハウス購入助成 園芸作物栽培のため新規設置するパイプハウス資材購入代金に対する助成 50% 以内 更新は除き、1人当たり150 万円を限度
⑧遊休桑園抜根助成 抜根後、園芸作物を作付した圃場に対する助成 10,000 円/10a  
⑨家畜導入事業 乳牛導入・和牛繁殖牛導入価格
(市場落札価格)
落札価格の5%  
肥育牛導入 1 頭 1 万円 1 人当たり
10万円限度
優良繁殖雌牛自己保留助成 1 頭目  5,000 円
 2頭目以降10,000 円
1 人当たり
20万円限度
⑩ きのこ原木・菌床栽培種菌購入助成 再建に向けた種菌購入代金に対する助成 30% 以内 1 人
30万円限度
⑪果樹更新苗木購入助成 有利販売を目的に果樹の品種更新、品目更新に係る苗木購入代金に対する助成 30% 以内 1 人
30万円限度
⑫ 6 次化産業事業助成 6 次化産業商品に伴う資材、器材への助成 50% 以内   

 

※1、1農家(生産組合も含む)各事業合わせて、150万円を限度とする。

※2、各種補助金、助成金(県・市村・全農等より)と併せ補助率70%以内とする。


床土の作り方(健苗は、良い床土づくりから)

1 .床土の条件

①病害虫のおそれのないこと
  原土は果菜類の作ったことのない山土
  水田土壌を使用することが望ましい。
※ 放射性物質測定を行い基準値を超えていないことを確認すること。

②物理性(排水性、通気性、保水性)の良い土

③化学性(PH、EC)の良い土
  PH 6.0 ~ 6.5 , EC 0.5位が望ましい。

 

2 .床土の種類と作り方

熟成床土
原土、有機物、肥料を交互に層にし、数回切り返して熟成させたもの
※ 有機物が十分に分解する期間をかけることが大切。前年の7 ~ 8月まで積んだもの。

速成床土
原土+有機物⇒肥料を加え混合して短期間でつくる床土原土〔畑土、火山灰土〕と有機物〔完熟堆肥、腐葉土、ピートモス〕の容積比1:2肥料は肥効を持続させ、濃度障害を防ぐため緩効性肥料(AUそさい苗床)を用いる。
 肥料混合にあたっては、土壌分析(PH、EC)後に施用し、分析値によって肥料混合量・PH(消石灰、過燐酸石灰等)を調整する。

【は種床用土】
 自家製床土は失敗している事例が多いので市販培土を使用したほうがよい。

 市販培土の種類は、作物ごとに開発された培土もあるので、作物や使用法によっては、問題を生じる場合があるので、注意する。
 また保水性、排水性が大きく異なるので、かん水には注意が必要。

 

3 .床土の消毒

クロピクテープ剤による消毒

消毒期間   高温時(15℃以上)10日位
低温時(10~15℃)30~40日位
10℃以下では使用しない
使 用 量   1㎡あたり約2.2m使用

 ※使用にあたっては、使用方法を遵守する。

 


さやえんどう・スナップエンドウ(ハモグリバエの防除の徹底を)

当面の栽培管理

1 .追肥・中耕・土寄せ

 3月中旬に硝燐安加里S604を10a当たり20㎏散布し除草を兼ねて中耕・土寄せを行う。管理機で根を傷めないよう注意する。

 

2 .補 植

 3月上旬~中旬頃、欠株箇所がある場合は、混んでいるところの株を間引きし早めに補植する。1株当たり8本程度の分けつ数が確保されていればよい。

 

3 .ネット張り、誘引

① 草丈が20 ~ 25cmに伸びる前に、茎葉が風で横になびかないうちに支柱を立てネットを張る。ネット幅180cm。

② 生育が進むにつれて、分枝が立ってくるので早めに横テープを30cm間隔に張っていく。

 

4 .追 肥

 4月下旬の開花初め頃に実施し、その後の追肥は、収穫に入ってから草勢に応じて行い、遅れないように実施する。1回当たりの追肥量は、窒素成分で2㎏程度(S646で10㎏程度)を10日~ 14日おきに実施する。

 

5 .排水対策

 排水不良は生育不良や欠株の原因となるので、排水溝を設けるなど排水対策を徹底して行う。

 

6.かん水

 乾燥は、伸長が抑制されるので通路にかん水し適度な土壌水分を確保する。また、5月下旬以降高温と乾燥を防ぐために畝間まで敷きわらをする。

 

7 .病害虫防除

 ハモグリバエ類対策(早期発見・早期防除)ハモグリバエの被害葉は、2月頃より発見することもあるが、4月以降目立つようになる。3月上中旬頃の発生初期から発生密度を下げることが防除のポイント。早期発見、早期防除に努める。

 

【殺虫剤】 

アルバリン粒剤(スタークル粒剤と同一成分農薬)

【使用時期】

3月中に使用(発生初期の密度を抑える為に土寄せ時期頃に使用すると効果が高い。)
 1回のみ使用(収穫14日前まで)

【使用量】

1a当たり900gを均一に散布。(9㎏/ 10a)

【使用方法】

① さやえんどうの株元に均一に散布する。(根から薬剤を養水分と一緒に吸わせることがポイント)
※ さやえんどうの頭(生長点)から茎葉全体に散布すると効果が減るので注意する。

② 散布時に土が湿っていると薬剤の溶解が早く効果が高くなるので、できる限り降雨後等の土の湿っている状態で散布する。その後、発生状況をみて防除する。その他病害については、防除体系を参考にする。
※ スナップエンドウの農薬の使用作物名「さやえんどう」に含まれる。


平成25年産 米共同精算に係る仮精算のお知らせ

【販売】

(単位:60kg / 1 俵当たり円)

項目 コシヒカリ1等 ひとめぼれ1等 天のつぶ1等
販売単価(a) 15,862.08 14,813.18 15,250.54

※損害賠償金を含む金額となっております。なお、損害賠償金については振込み通知に記載いたします。

 

【控除】

(単位:60kg / 1 俵当たり円)

項目 コシヒカリ1等 ひとめぼれ1等 天のつぶ1等
入庫仮渡金(b) 11,600.00 10,800.00 10,500.00
経費単価 概算金金利(非課税) 36.66 36.66 36.66
保管料・入出庫料 353.66 353.66 353.66
運賃 159.14 159.14 159.14
安全・安心等検査費用 0.38 0.38 0.38
集約保管経費 144.30 144.30 144.30
農産物検査手数料 100.00 100.00 100.00
手数料 644.94 644.94 644.94
広告宣伝費 61.46 61.46 61.46
県産米推進協議会等経費 0.86 0.86 0.86
監査委員会費用 0.26 0.26 0.26
米穀システム管理・処理料 24.82 24.82 24.82
損害賠償協議会留保金 74.90 56.18 72.02
公平化負担金 32.34 32.34 32.34
経費合計(c) 1,633.72 1,615.00 1,630.84
控除経費合計(d)=(b)+(c) 13,233.72 12,415.00 12,130.84

 

【生産者の皆さまへ】

(単位:60kg / 1 俵当たり円)

項目 コシヒカリ1等 ひとめぼれ1等 天のつぶ1等
仮精算単価(a-d)=(e) 2,628.36 2,398.18 3,119.70
仮精算手取額(b)+(e) 14,228.36 13,198.18 13,619.70

 

※振込額の小数点以下は、四捨五入により端数処理をしております。

※仮精算単価(e)に応じた仮精算金を、12 月29 日に口座へ入金させていただきました。